LIFE

JPRiDE TWS-520レビュー 最強コスパBluetoothイヤホンの決定機 防水IPX5対応

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Sponsored Link

JPRiDE TWS-520 開封

数あるBluetoothイヤホンの中でコスパが良いと有名な「JPRiDE TWS-520」をついに手に入れたので早速開封しました。

 

その前に「JPRiDE」についてご説明。

 

「JPRiDE」は株式会社エムピートレーディングという会社のブランドです。この会社は製造こそ中国に委託しているようですが日本の会社です。

 

ジェイプライドと読んでしまいそうなブランド名のとおり、かなり製品にもこだわっているようです。

 

雑誌の「家電批評」においてAmazon超カタログの1万円以下Bluetoothイヤホン部門ランキングで1位を獲得した商品です。

 

 

 

それでは開封した画像がこちら。

内容

最初まったく開け方がわからなかった…w


箱の右側が磁石でくっついてましたw

  • イヤホン本体
  • 充電器ケース
  • 充電ケーブル
  • 2種類のイヤーピースが2サイズずつ
  • 日本語説明書

が入ってました。

 

Sponsored Link

スペック

製品サイズ(イヤホン)H40mm W25mm D25mm
製品重量約4.8g(イヤホン片側のみ)
製品サイズ(充電ケース)H54mm W48mm D26mm
製品重量約39g(ケースのみ)
充電電圧5V
充電用ポートMicro USB
充電所要時間2時間
無接続状態での自動電源オフ4分後

Bluetoothバージョン5、防水IPX5に対応しています。

 

使用した感想

圧倒的軽さとパワフルなスタミナ

最初にイヤホンを持ったとき「軽っ!」と言ってしまうくらいイヤホンが軽かったです。しかもこの軽さでフル充電時6.5時間も使用できます。

 

本体ケースの充電も3回フル充電できるようなので合わせると20時間以上使用できる計算となります。

 

軽快な操作感

いちどペアリングしてしまえばその後は1〜2秒ほどで自動的に接続してくれるため、ケースから取り出すだけで簡単にペアリングが完了します。

 

一番おどろいたのはイヤホンをタップするだけで再生・一時停止、前の曲に戻ったり、次の曲へ操作できたことです。

 

再生・一時停止は右イヤホンをダブルタップ、曲戻りは左イヤホンを2秒タッチ、曲送りは右イヤホンを2秒タッチすると操作できます。

 

もうスマホを操作する必要はないなって思ったんですが、音量だけはイヤホンで操作はできなかったので音量操作までできたら完璧でした。

 

音質

音質については個人差があるとは思いますが、個人的には低音がよく鳴る印象を受けました。

 

しかし、特別主張するわけではないので全体で見るとバランスがとれた音に感じました。

まとめ

TWS-520は以下のような人にこそおすすめするイヤホンです。

  • とりあえず5,000円ほどでBluetoothイヤホンを使いたい人
  • iPhoneの付属イヤホンを使っている人
  • バランス型の音が好きな人

上記のような人には絶対ささるおすすめのイヤホンです。

 

以上、JPRiDE TWS-520のレビューでした。

 

スポンサードリンク

-LIFE

© 2021 samkblog