年金制度 社会保障制度

2020年度の年金額改定はプラス改定【年金受給者以外にも関係ありますよ】

物価スライド

スポンサードリンク

悩んでいる人
・2020年度は年金額が増えるって聞いたけどそのことについて知りたい

 

このような疑問にお答えします。

 

こんな方におすすめ

  • 2020年度の年金額改定について知りたい人
  • 現在年金を受給している人
  • 国民年金保険料を納付している人(主に自営業者)
  • 母子家庭・父子家庭などに対する給付を受けている人
  • 障害者などに対する給付を受けている人
  • 金生活者支援給付金方に基づく給付を受けている人

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている管理人のsamkは年金業務に8年以上従事しています。老齢・遺族・障害年金の裁定件数は1000件以上経験をしています。年金の決定額が毎年下がっている現状を目の当たりにしています。

 

スポンサードリンク
Sponsored Link

2020年度の年金額改定はプラス改定【年金受給者以外にも関係ありますよ!】

2020年度の年金額改定はプラス改定【年金受給者以外にも関係ありますよ!】

令和2年1月24日、厚生労働省から2020年度の年金額改定の通知がありましたね。

2020年度は0.2%のプラス改定で落ち着いたようです。

その他にも国民年金保険料や各種手当の金額も改定されています。

 

年金額の改定について

年金額は0.2%プラス改定です。

まずはこの0.2%の根拠の説明をします。

年金額の改定は物価変動率、名目手取り賃金変動率が両方プラスで、物価変動率が名目手取り賃金変動率を上回るときは、年金を受給し始める際の決定額および年金を受給している人の年金額は名目手取り賃金変動率を用いることが法律で定められています。

 

2020年度は物価変動率が0.5%、名目手取り賃金変動率が0.3%だったため名目手取り賃金変動率の0.3%が適用されました。

さらに、この0.3%からマクロ経済スライド調整率▲0.1%を調整して、2020年度は0.2%のプラス改定となりました。

うーん、これどうなんですかねぇ。

名目手取り賃金変動率0.3%って賃金そんなに増えた印象ないんですがw

国民年金の2020年度の支給額は、20歳から60歳まで40年間国民年金の保険料を納付した満額受給者で月額65,141円(+131円)になります。

厚生年金の月額モデルケースも出してましたが、年金額は人それぞれなので省略。

 

在職老齢年金は変更なし

在職老齢年金の支給停止調整額は令和元年度と変更はありませんでした。

在職老齢年金は今国会でも支給停止調整額を改正する法律を提出するみたいなので今後の動きを要チェックですね。

≫在職老齢年金の見直しについての記事はこちら

 

国民年金保険料が上がります

自営業者など自分で国民年金保険料を納付している人は2020年度は1ヶ月16,540円(前年度比プラス130円)になります。

国民年金保険料を自分で納付している人には負担増になります。

やはり労使折半の厚生年金に加入している方が有利だと思いますね。

≫厚生年金が有利な理由についての記事はこちら

 

各種給付金も増額されます

各種給付金は物価変動率(+0.5%)に基づき、0.5%の引き上げになります。

 令和元年度(月額)令和2年度(月額)
母子家庭・父子家庭などに対する給付児童扶養手当(いずれも全額支給の場合)(第1子)42,910円
(第2子)10,140円
(第3子)6,080円
(第1子)43,160円(+250円)
(第2子)10,190円(+50円)
(第3子)6,110円(+30円)
障害者などに対する給付特別障害給付金(1級)52,150円
(2級)41,720円
(1級)52450円(+300円)
(2級)41,960円(+240円)
特別児童扶養手当(1級)52,200円
(2級)34,770円
(1級)52,500円(+300円)
(2級)34,970円(+200円)
特別障害者手当27,200円27,350円(150円)
障害児福祉手当14,790円14,880円(+90円)
年金生活者支援給付金方に基づく給付老齢年金生活者支援給付金5,000円(基準額)5,030円(+30円)(基準額)
障害年金生活者支援給付金(1級)6,250円
(2級)5,000円
(1級)6,288円(+38円)
(2級)5,030円(+30円)
遺族年金生活者支援給付金5,000円5,030円(+30円)

上記の表のように給付金などを受給している人にはプラス改定の恩恵がありますので参考にしてください。

以上、2020年度の年金額改定の解説でした。

スポンサードリンク

-年金制度, 社会保障制度

© 2021 samkblog